うつと診断されても前向きになろう【心療内科や精神科を受診】

うつと診断されても前向きになろう【心療内科や精神科を受診】

気分障害の種類

男性

一般に知られているうつ病は大うつ病性障害と呼ばれます。躁鬱状態が交互にあらわれる場合は双極性障害と診断されます。また気分変調性障害は落ち込んだ状態が長期に続きます。そのほかに否定型うつ病は過食や仮眠といった状態が出ることもあります。

専門性の高い治療

カウンセリング

社会復帰のために必要

自分ではなかなかうつ病になっているのかわからない状況で、それでも以前に比べると、食欲減退や集中力の低下、さらには不眠等が起こっている状況ですと、うつ病の可能性があります。この場合、普段通りの生活にも支障をきたすことになりかねませんので、早期に心療内科、または精神科へ足を運んでカウンセリングを受けることをおすすめします。心療内科や精神科に行けば、専門性の高いカウンセリング、そして診察を行ってくれて、症状にあわせた薬を処方してくれるなど、治療を行ってくれます。専門性の高い知識を持った医師のもとで治療を続けることで、社会復帰しやすくなります。自分がこれからどうやって生活をおくっていけば良いのか、心掛けることはどんな内容なのか、きちんとアドバイスしてくれるでしょう。どんな症状の時はどんな生活をすべきか、薬の服用方法等を含めて、しっかり寄り添って問題解決に向けて話を進めていけます。うつ病と診断されたとしても、こうして寄り添ってくれるので、少しでも早く治療を行ってもらいましょう。きちんと病院に通っていけば、たとえうつ病と診断されたとしても、怖がる必要はありません。自分ひとりで悩んでいる方がかえって症状を悪化させてしまうので、頼りになる病院へ行きましょう。精神的にとても大きなストレスを抱えることになり、その後にうつ病のような症状を発症しているならば、ただちに心療内科や精神科を受診してもらうのが、早く症状を和らげるための方法です。人によっては、風邪をひいて内科を受診するのとは違って、心療内科や精神科を受診するのはかなり費用がかかってしまうのではないか、そう考えてしまい、受診することを躊躇するケースも少なくありません。しかし、費用は初診料に加えて、診察代と薬代、場合によっては診断書作成代程度の費用があれば大丈夫です。初診の場合でも、トータルで1万円もかからないでしょう。二回目以降であれば、初診料は発生しませんのでさらに安くなります。この程度の金額で二週間に一度ぐらいの割合で診察して経過を見ていく感じです。うつ病と診断されてから、すぐにもとの状態に回復するのは難しく、心と体に相談していきながら、じっくりとそしてゆっくりと治していくことになるでしょう。しかし、専門性の高い心療内科、そして精神科に通っていれば、いずれもとの生活に戻ることは可能です。焦らずに医師と二人三脚で治療をしておきましょう。早めに治療をしておいて良かったという声は多いですから、できるだけ早めに治療へ行くことを心掛けます。

精神科と患者への接し方

看護師

精神科や心療内科は行きづらくても、内科などと同じで苦しい症状を治すのが目的です。家族がうつ病と診断されたら、励まさずプレッシャーを与えないようにする事です。うつ病の患者は心が弱っているのです。優しく接して下さい。

カウンセリングから読取る

医療

抗うつ剤により症状が消えることはいいことですが、再燃した場合には精神療法を進める際に判別しにくくなるため治療方針を明確にするためにも、まずは不安かうつかという診断が重要です。また、毎回のカウンセリングは治療の優先度合を決めるキモとなります。

病院の対応も重要です

医者

かなり精神的に病んでいてうつ病のような症状があれば、ただちに心療内科や精神科で診断してもらい、治療を受ける必要があります。ただし、評判が良いところ、予約が取りやすく、患者さんの話をきちんと聞いてくれるようなところを受診します。